ワインを飲もう!美容に良いのは本当なの?

赤ワインと白ワインでは違う

アルコールの摂取は美容に良くないと考えて敬遠してしまう人もいますが、ワインは美容に良いという話もあります。実はこれは半分本当で半分嘘であり、美容のためにワインを飲むのにはメリットもデメリットもあるので気をつけましょう。特に赤ワインと白ワインではメリットに大差があります。アルコールは血行を改善する効果があるので、適量を飲むことで全身に栄養や酸素を行き渡らせやすくする効果が得られるでしょう。これに関しては赤でも白でも同じですが、赤ワインにはポリフェノールが含まれているのでさらに美容効果を期待できます。抗酸化作用が強く、活性酸素による害を減らせるのは赤ワインを飲んでポリフェノールを摂取する美容面のメリットです。

赤ワインも飲み過ぎには注意

赤ワインならメリットも多いからたくさん飲めば美容効果も上がると考えてしまわないことも重要です。アルコールには代謝して無害化しなければならないというデメリットもあります。飲み過ぎてしまうと肝臓に負担がかかってしまい、本来必要とされるタンパク質の合成や各種有害物質の解毒が遅くなってしまう可能性があるのです。特にタンパク質は皮膚や髪の状態を良くするために欠かせないものであり、肝臓の機能低下は大きなマイナス効果を示してしまうリスクがあります。基本的には適量以下に保って飲むようにするのが肝心です。そして、飲むときにはポリフェノールが多い赤ワインを選ぶようにすると美容効果を期待できるでしょう。

品川美容外科の訴訟まとめサイト