洗顔後は肌の水分蒸発タイム!素早くケアして潤い肌

洗顔してホッとしていると乾燥肌を加速させる!?

一日の汚れとメイクを落としてさっぱりさせる洗顔は、気持ちまでリラックスさせることができる大切な時間です。最近の洗顔料やメイク落としは美容成分も配合されていて、刺激もかなり抑えられていて気持ちよく使えるものが増えています。そのせいか、洗顔すると肌がしっとりして潤い、メイクも取れたから負担が少なくなっていると思ってしまいがちです。洗顔をしてすぐにスキンケアしていないこともあるのではないでしょうか。洗顔で水に触れたその時は肌の保水量は増えますが、その後どんどん肌の水分量は減ってしまうのです。だから、洗顔後に保水保湿をスピーディーに行うことが大切なのです。

肌から潤いが逃げる前にフタをしよう

洗顔するときに水を使うためその水分が肌に入りますので、一瞬は水分量が増えます。しかし、肌の表皮に近い部分は呼吸を盛んにしていますので、すぐに肌呼吸と一緒に水分も蒸発をしていきます。この時に表面に残った水分が蒸発するだけではなく、気化熱によって周囲の水分までもっていかれてしまうのです。気化熱は乾燥している方へ、気温が低い方へなど水分が移動する、つまり蒸発することです。これは肌の上でも例外ではなく、肌の周りの空気のほうへ逃げようとして、肌の奥の水分も一緒に蒸発していきます。つまり、洗顔で与えた水分以上の水分が肌から失われていきます。せっかく潤ったつもりでも、実は余計に乾燥を進めていたということにもなりかねません。洗顔後は素早くタオルで拭いて、化粧水、さらに蒸発にフタをする保湿をするようにしましょう。

品川美容外科の訴訟について詳しく